PAGE TOP ▲ 10/29発売 明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺 ★★★☆☆ - 明星食品

Yahooブログからの引越し記事(~2018/1/19)はレイアウトなどが乱れている部分があります、ご了承下さい。
おじんの初心者(仮題・fc2) TOP  >  カップ麺・袋麺  >  明星食品 >  10/29発売 明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺 ★★★☆☆

10/29発売 明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺 ★★★☆☆

 10/29発売  明星食品
「明星 ラーメンぴあ 蝋燭屋監修 麻婆麺」
   取得価格  208円(スーパー)(税込224円)
 メーカー希望 210円(税抜)


本日の紹介製品は明星食品が「ラーメンぴあ」とコラボした製品、
「蝋燭屋(ろうそくや)監修 麻婆麺」です。

DSC06443.jpg 
このお店はぴあ株式会社発行の「ラーメンぴあ2019首都圏版」の中の
新店部門No1を獲得した注目のラーメン店ということです。
またなんか怪しいランキングですね~ (^_^;)

今回の製品は「ラーメンぴあ」とタイアップして、
「蝋燭屋」さん監修のもと、
お店の看板メニュー「麻婆麺」をカップ麺で再現ということです。

この蝋燭屋さん、お店のメニューは、こういう麻婆麺のほか、
酸辣湯麺、担担麺、汁なし担担麺が人気のようですね。

製品内容はもちもちとした食感の中太麺に、
花椒の香りとしびれ、唐辛子の辛さ、豚の旨みと甘みが特長の
麻婆スープを合わせた一品ということです。


DSC06446.jpg DSC06455.jpg
製品スタイルはBIGカップでフタの上に小袋が貼り付く、
「タテ型BIGカップ・サブオールインワンタイプ」となっています。

フタに貼り付く小袋は調味油となっています。
麻婆麺なのでおそらくラー油系のオイルでしょう。
カップの中はこんな感じです。

DSC06459.jpg 
さっそくカップ内を解剖してみましょう!

麺はやや太めの油揚げ麺のようですね。
具は麻婆らしく、豆腐、肉そぼろ、ニラが目立ちます。
また味噌系の味なので粉末スープの分量が多めです。


DSC06464.jpg 
麺・具の調理時間は4分となっています。
麺などが問題なく戻ったら、
軽くかき混ぜてから添付の調味油の小袋を投入しましょう。


DSC06474.jpg 
出来上がりはこんなビジュアルになります。

このあと写真撮りが終わればしっかりかき混ぜます。
とにかく粉末スープが多かったので底にたまっていそうです。
また小袋のオイルも撹拌させなければなりません。

でも具に豆腐があるので、かき混ぜは
手荒にはできませんので、慎重に行います!


DSC06480.jpg 
麺はお店の麺をイメージした、
もちもちとした食感の中太麺ということです。

麺はやや太めで緩いウェーブのついた油揚げ麺です。
まず第1印象としてこの麺はすごくのどごしがいいですね~!

なんか表面にちょっとぬめりがついているような感覚で
とてもつるつると食べやすい麺です。
またちょっともちっと感も感じます。

麺は多加水系かな?
4分戻しで最初はちょっといかつさもあったのですが、
すぐにスープに馴染んで食べやすい麺になります。
でも柔らかめ食感なので長めの湯戻しは禁物でしょう。

麺量はタテ型BIGカップということで75gになっています。
ボリューム的にはそこそこでしょうか。
スープが若干とろみあるのでそれを拾って
そこそこお腹いっぱいにしてくれるという感じですね。


DSC06469.jpg 
具は挽肉、豆腐、ニラの組み合わせとなっています。

麻婆風ということですが、
その種類は最低限という感じでしょうか?
でも先日の寿がきやさんの「赤から麻婆風ラーメン」の具よりは
なんとなく充実している感じがします。

それぞれの具材のクオリティはまずまずです。
豆腐は相変わらず小さめで崩れ加減ですが、
具としてはしっかり豆腐しています、味も悪くありません。

肉そぼろは不定形で大きさもいろいろ。
なんかそういう感じのほうが自然な感じがするかもです。
味はどこぞのなんちゃってスポンジ状物体みたいなものではなく
しっかり肉具材なので肉感あって味付も美味しいです。

だた4分では戻りきっていないものもありましたので、
しっかりお湯に浸してやる必要がありそうです。

ニラは長めカットで存在感がありましたね、
いつも気になる軸の部分も入っていました。
でももうちょっとニラはたくさんほしいですね。


DSC06490.jpg 
スープは豚の旨みと甘味をしっかり効かせ、
数種類の香味野菜や香辛料 (花椒・赤唐辛子・胡椒) で
仕上げた麻婆スープということです。

ラー油に花椒を加えることでさらに辛味としびれを強めた
調味油でパンチのあるスープに仕上げたということです。

DSC06494.jpg 
麻婆ラーメンのスープということですが、
ベースはポークベースで味噌や豆板醤とかもしっかりで
なかなか濃いめで味わいでとろみも感じるスープです。

麻婆スープとしては比較的甘みは抑えめで、
まっすぐシャープなスープの味の印象です。

そして香辛料の刺激系ですが、
まず最初に口内に広がるのが今回も花椒のシビでした。
やはり最近の製品は花椒をいちばん前に出してくる製品が
とても多いですよね、花椒ブームがこの製品にも!って感じです。

小袋は赤いオイルで辣油系でしたが、
ビジュアルほど唐辛子は強くなかったですね。
やはり花椒を前に出すために辣味は抑えている感じです。

でも現在のトレンドならこれくらいはいいバランスかな?
もうちょっと全体の刺激は強いほうが自分的には
ありがたかったですけど、これくらいが最も食べやすいですね。


はい、食べてみてまぁそこそこ美味しかったです。
でもなんか「これっ!」といったこの製品ならではのものはなかったかな?
まぁ、麻婆麺なのでそのへんの打ち出しは難しいのかもですが、
花椒のシビとか今人気なのでもっと誇張するようなことを
やってもおもしろかったかもしれませんね!

個人的には麻婆ラーメンってあまり好きじゃないので、
この製品もそこそこの仕上がりですが、
おなじくそこそこの評価になってしまうことご容赦下さいね・・・ (^_^;)



ごちそうさま!
そして今日もありがとうございました。


**自分的評価 18-304**(個人的評価なのでよろしくお願いします)(+274)
    (★5個で満点)
麺     ★★★☆☆  (やや太めのつるみのあるもっちり油揚げ麺です)
味     ★★★☆☆  (刺激系は花椒がメイン、全体的にバランス型のスープ)
具     ★★★☆☆  (肉そぼろは美味しい、ニラはもうちょっと欲しかった)
総合  ★★★☆☆
cal    ★☆☆☆☆  440kcal
内容量  98g (麺量 75g)
食べる前の空腹度 ☆☆☆ (★3で満腹状態)
お湯の目安量  350ml (無駄なお湯沸かしによる水光費の無駄を減らしましょう)

DSC06448.jpg 

DSC06451.jpg  DSC06452.jpg 






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL