PAGE TOP ▲ おじんの初心者(仮題・fc2) - トップページ

Yahooブログからの引越し記事(~2018/1/19)はレイアウトなどが乱れている部分があります、ご了承下さい。

11/12発売 日清焼そばU.F.O. ミーゴレン ★x4

 [ 11月15日 03:17 ] カテゴリ:日清・ラーメン以外 | CM(0)
  11/12発売 日清食品  
「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」
   取得価格  118円(スーパー)(税込127円)
 メーカー希望 180円(税抜)


本日の紹介製品は日清食品焼そばU.F.O.の新製品、
インドネシアのご当地焼そばの「ミーゴレン」です。

DSC07507.jpg 
日清食品でミーゴレンといえば、過去にありましたね~!
自分はすぐに↓この製品↓を思い浮かべました。

1114.jpg 1115.jpg
この2016年発売の「カップヌードルズ ミーゴレン」です。
この当時はこういうエスニック系のタテ型カップの
カップヌードルがけっこうなブームでした。

この製品はカップヌードルなのでタテ型の汁なし製品でしたが・・・、

1116.jpg 1117.jpg
もとを辿れば2014年のこの初版?が出処でしょうか?
このときはレンチン容器のような四角いカップでしたね。
なおこの2製品はよく似た内容の甘辛焼そばでした。

今回、女性からの人気が高いエスニック料理の中から、
インドネシアのご当地焼そばとしてこの「ミーゴレン」が発売されました。
やはりエスニック系は女性層に人気なのですね!

製品はエシャロットの甘い香りがきいたソースで、
チリをピリッときかせた甘辛い味わいで、
添付のフライドエシャロットをふりかけることで
香ばしい風味が加わり食欲湧く一杯ということです。

しかしカップヌードルブランドから一転鞍替えして
今度はもう一方の伝家の宝刀、「焼そばU.F.O.」として
商品作りするなんて日清さんもなかなか攻めてきていますね~ (^_^;)


DSC07518.jpg 
製品内部はこんな感じです。
今回は丸型カップなのでレギュラーサイズの製品となります。

中は2袋構成になっています。
いずれも湯切り後投入の、
液体ソース、フライドエシャロットです。

なお具はキャベツとにんじんが麺といっしょに入っていますが、
このこの時点でかなり量が少なそうに感じますね・・・。

あと麺がいつものU.F.O.とはちょっと違うようです。

DSC07519.jpg DSC07523.jpg
麺・かやくの調理時間は3分となっています。

湯切り後麺をいったんしっかりほぐしてから
まず液体ソースを投入ししっかり麺になじませます。

そして少ない具を整えたあと(笑)、
添付のフライドエシャロットをふりかけて仕上げます。


DSC07534.jpg 
というわけで出来上がりはこんなビジュアルになります。
なんかいつものU.F.O.とはちょっと違う印象です。
でもエスニック風のいい香りが漂いますよ~!

DSC07546.jpg 
麺は甘辛ソースとよく絡むコシのある
しなやかなウェーブ麺ということです。

麺はいつものU.F.O.の中太のストレート麺とが違って、
もうちょっと細めのちぢれの入った油揚げ麺となっています。
麺が違うのでちょっと驚くような違和感があります。

でも結果的にはこの麺はとてもよかったですね。
麺はちょっともっちり感があってしっとりした食感。
いつものU.F.O.のような強い主張がないぶん、
しっかりソースと馴染むので一体感がある仕上がりですね。

これがいつものU.F.O.の麺だったらおそらく麺勝ちになり
ちょっとバランスがよくなかっただろうなと推測されます。
そういう面ではこの麺のチョイスはよかったと思います。

麺量は85gとちょっと少ないですね~。
ノーマルU.F.O.の麺量100gに比べ15%も少ないです。
おかげでカロリーも500kcal以下に収まっていますね。

なのでちょっとボリューム的には不足感を感じましたが、
これは女性層をターゲットにしているため
麺量を減らしたのかなと思われます。

まぁ、そういうコンセプトみたいなのでべつにいいのですが、
でもその分、具を増やしてくれ~~!!
って思いましたww(↓具の項目へ)


DSC07528.jpg
具はキャベツ、ニンジンとシンプルです。
そこにこの製品のポイントとなる
香ばしい風味が食欲をかきたてるフライドエシャロットの
ふりかけで仕上げるスタイルになっています。

具はカップヌードルの時の具の内容と同じです。
それにしても乾燥具材の少なさには閉口します。

にんじんはまだそこそこ入っていて、
食感もこりこりといい感じなので問題ないのですが、
キャベツはすごく貧弱ですね・・・。

最近U.F.O.のキャベツ具材の極端なクオリティダウンを
頻繁に感じますのでとても残念なところです。

でもそのぶん頑張っているのがフライドエシャロットです。
いやぁ~、これは素晴らしいですね。

まずフライド感が絶妙でほどほどのカリカリ感、
後半はちょっとしっとりしてとてもいいアクセントを
全体に広げて味の、そして香りの大きなポイントとなっています。

甘めの味わいがソースのピリ辛感といいマッチング!
そしてロースト風味が強めでいい香りで納得です。
この製品の最大の強みがこのフライドエシャロットでしょう。


DSC07548.jpg 
ソースはエシャロットフレーバーの甘い香りと、
ピリっとしたチリの刺激がクセになる甘辛ソースということです。

DSC07552.jpg 
ソースの最初の印象は思ったよりもピリ辛です。
チリソースの甘めながらもピリッとした刺激が
なかなかのもので、刺激ある第1印象の味わいです。

そしてしっかり味わうとこれがけっこうな甘さ!
エシャロット自体は玉ねぎに近いので、
それ自身そんなに甘みは出さないと思うので、
おそらくあえて甘味成分を加味したソースになっていますね。

でもダラ~っと甘いのではなく、
ちょっと魚醤とかそういう感じのエスニック系の旨みも
しっかり感じる複雑な味わいなので、
甘くてもけっしてクドくならないなんかクセになる美味しさを
感じましたね、なんか不思議なソースです。

さらにふりかけのフライドエシャロットの風味が加わり
さらに香り高くなって中毒感が高まる感じですww

これまでのカップヌードルのミーゴレンよりも
味わいは格段に美味しくなって風味も上がっていますね。
甘辛味でもこれは自分もしっかりハマる美味しさでした!



ごちそうさま!
そして今日もありがとうございました。


**自分的評価 18-320**(個人的評価なのでよろしくお願いします)(+305)
    (★5個で満点)
麺     ★★★★☆  (いつものU.F.O.の麺とは違うちぢれしっとり麺)
味     ★★★★☆  (甘辛のバランスが絶妙でクセになる美味しさです)
具     ★★★☆☆  (キャベツ微量、その分フライドエシャロットがとてもいい仕事!)
総合  ★★★★☆
cal    ★☆☆☆☆  485kcal
内容量  110g (麺量 85g)
食べる前の空腹度 ☆☆☆ (★3で満腹状態)
お湯の目安量  460ml (無駄なお湯沸かしによる水光費の無駄を減らしましょう)

DSC07511.jpg DSC07513.jpg





関連記事
スポンサーサイト